上質の木を使ったカンボジアのトラディショナルな素晴らしいホテル。生い茂った植物を活かして、新館へとつづく長い長い小道とホテル入り口部分の庭周りを作らせていただきました。
長い小道は、雨でも夜でも飽きずに楽しんで歩いていただくために複数の水場を用意。中には蓮の花と小さな金魚が泳ぎます。

新しいコンセプトからロゴの制作もお手伝いさせていただきました。カンボジアのお寺やいろんな場所に咲く、白い印象的なお花をモデルにし、自然豊かなオアシスのイメージと格式のある上品さを表現。

ロゴ入りの看板はカンボジアの木材を利用し、その他様々な装飾物もできるだけ現地のものを使用しました。
また、入り口のステップにはカンボジアの石を切って、モチーフとなるお花をイメージした遊びある道を造作、キャリーを引くお客様が楽しくさらに歩きやすくフロントまで行けるように工夫しました。