これまでの実績

空間づくりで思うこと

空間デザイナーとして考える良い空間作りとは…良い空間は良い人間関係を作り、良い人間関係は良い空間を生み出す。 素晴らしいものづくりに不可欠なものは、そのものがたどったストーリーなのです。 私たちが制作できるのは空間だけです。その場所に立つ人たちに、良い事が訪れるようにという願いを込めて作っています。そして、そこに立つ人たちが活きることで、空間に命が宿り、動き出す事で良い空間、美しい空間は完成されるのではないかと考えています。

良い空間を作り出すために必要なのは現場でのチームワークです。その為にはスタッフ一人一人が自立した考え方をする人材が必要と考えます。カンボジアでは予想もつかないトラブルがよく起こります。トラブルが起きた時に現場でどう対処すれば、お客様にとって良いかを判断する基準は、長い時間をかけて彼らが学んでいく他ありません。

ケースバイケースで経験を重ねると同時に、信念や信条などの統率、向上心を生み出すシステム作りが大切です。また、人材育成も大きなキーワードとなります。しかし生まれも育ちも違う人間同士、私が日本で経験してきた事を押し付けるのではなく、彼らの考え方も理解した上で、この国にあった新しい理論に基づく規定を作っていくという事が、息の長い企業になっていくことに不可欠ではないかと考えます。

失敗から得る事もとても多く、努力を重ね技術を伸ばす事でお客様に恩返しをしていきたいと切実な想いで日々精進しております。


随時、ブログの更新をしています! カンボジアでの飲食店についてや、カンボジアの内装のことなどなど…ぜひご覧ください!